11月10日、党青年委員会は、日本弁護士政治連盟企画委員会に所属する若手弁護士と意見交換会を行った。

法曹人材の公務部門や企業での活用、安保関連法案等について意義深い意見交換を行いました。
また、現政権の立憲主義軽視の姿勢に対し強い危機感を共有した。

意見交換会には黒岩宇洋青年委員長、広田はじめ青年委員長代理、大西健介青年委員会副委員長、西沢圭太青年委員会副委員長、田中健東京都連青年委員長らが出席した。