千葉3区の青山明日香候補は3日、千葉市緑区の鎌取駅で街頭演説を行なった。枝野幸男幹事長、小西洋之参院議員が激励に駆けつけた。演説に先立ち、青山候補は民主党のキャラクター「民主くん」とともに駅周辺を行き交う人々と握手作戦を展開。世代や性別を問わず、多くの方々と触れ合った。

 演説では、「この2年間聞いてきた声は、『普通に暮らしたい』『安心して老後を迎えたい』という声だ。しかしこの2年間、格差は拡大してきた。このままではいけない、こんな日本ではいけない。この普通の声を届けられるのは、普通の会社員の家庭に育ち、会社員として働いてきた私しかない」と熱い決意を表 明。「安倍総理は『女性の活躍』と叫んだが、決して『男女共同参画』とは言わない。その本音は『女性の活用』だ。女性は子どもを産んで、子育てをして、老親の介護をする。さらにもっと働け、女性がもっと強くなれと言っているようだ。なぜ男性も女性も一緒に良い社会をつくろうと言えないのか。私は皆さんと一緒に世の中に良くしていきたい、皆さんの声を国政に届けていきたい」と強い思いを訴えた。

 


 枝野幹事長は「青山候補者は、まさに暮らしを下支えをする、安心して子どもを産み育てる、高齢者の方が安心して年を重ねることができる、そうした政策こ そが大事だという思いで若いながら政治の世界に飛び込んできてくれた頼もしい仲間だ。ぜひこの若い力を皆さんの力で育てることを通じて、暮らしを下支えす る力を皆さんの地域から国会へとつないで欲しい」と青山候補への温かい支援を呼びかけた。