2月1日(金)午後、第3期の民主党オフィシャル学生インターンシップの開講式が行われ、青年局を代表して、吉川沙織参議院議員らが学生たちに歓迎と激励のメッセージを送った。
   
   吉川議員は「就職氷河期のサラリーマンをへて、民主党の公募を受け29歳で立候補した。最年少参議院議員でみなさんに一番近い世代なので、インターンや就活など何でも相談して欲しい」と激励した。
  開講式に続いて行われたガイダンスでは、党秘書会役員から国会インターンにおける注意事項の説明をうけた。
  その後、青年局インターン研修の最初の企画「マナー研修会」が開催され、ドットジェイピーの紹介や各事務所独自採用のインターンを含む30名のインターン が参加し、林康枝講師から2時間にわたって講習を受けた。