民主党のオフィシャルインターンシップに参加しているインターンによる自主ゼミ活動がスタートした。2月26日(月)には、「英国労働党と民主党の広報 宣伝の取り組みについて」をテーマに、民主党本部スタッフを講師に広報戦略ゼミの第1回勉強会が開催された。英国・労働党でインターン経験がある党スタッ フから、ブレア党首誕生以降の労働党の広報戦略について、それ以前と対比しながら改革の経過のレクチャーをうけ、また民主党の広報宣伝改革の取り組みにつ いて意見交換を行った。次週からは、テキストも読みながら、広報の課題などについてゼミ形式で勉強していく予定。

  またこの日、民主党秘書会主催の環境政策に関する研修会も開催され、環境問題の自主ゼミに参加を希望しているインターンを中心にオブザーバーで参加した。 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんが「日本を置き去りにして進化する世界の自然エネルギー市場」をテーマに講演され、参加者からは日本の自然エネル ギー政策に関する活発な質問が相次いだ。環境自主ゼミ班は、3月中旬に福山哲郎参議院議員を講師に勉強会を開催する予定。