党青年局は9日、第2期の民主党オフィシャル学生インターンシップをスタートさせ、参加インターン生30人を対象に、インターンガイダンスとマナー 研修会を開催した。

 インターン実行委員会を代表して党青年局の田村謙治衆議院議員は、「貴重な春休 みの1カ月間、自らチャレンジして政治の現場で貴重な体験をして欲しい」と挨拶、 党本部を代表して直嶋正行組織委員長は「『政治とは生活である』を合言葉に、民主党は様々な政策提案を行い、政権交代にむけて与党と厳しく対決する。皆さんその現場をしっかり見て、若者に政治の重要性を訴えて欲しい」と激励した。

 民主党秘書会の役員によるインターン生活でのアドバイスのあと、マナー研修会が行われ、挨拶・電話応対・名刺交換・接遇などを体験学習した。

 インターン生を対象とした青年局のプログラムは、3月9日まで10数回予定されている。