3月14日に参議院議員会館で青年交流会が開かれた。約20人の学生が集まって、「国会TV」の内容について話し合った。
image
CS放送の「国会TV」でも、学生たちの手作り番組がスタートする。タイトルはちょっとユニークで、題して「民主党のおヘソ」。民主党を応援する学生団体 のひとつ「ヤングデモクラッツ」のメンバーや民主党議員事務所のインターン学生などを中心に、政治に関心をもつ大学生が企画・制作する。隔週木曜日 21:00~22:00までの1時間の生放送。
image
ここでは若者のストレートな視点・皮膚感覚を活かして、従来の“堅くてむずかしい”政治番組のイメージを崩した、わかりやすい番組をめざしていく。ふだん 見ることができない政治家の人間性に着目し、紹介していくことで、政治と国民との距離を近づけていこうというものだ。
image
第一回目のゲストは鳩山由紀夫代表。民主党青年局の呼びかけで集まった約20人の学生たちはどんな視点で番組を作れば効果的かを、2時間近くかけてディス カッション。その後は、ビデオカメラを持った学生たちは党の会議やイベントに入り込み、連日独自取材を実施中。どんな番組になるかは当日のお楽しみ。