4月13日(金)、立命館大学弁論部主催の講演会「首長の多選を議論する」が開催された。司会は、同部のOBである泉健太民主党京都府連第三区総支部長がつとめた。
image
 なお公認会終了後には意見交換会が開催され、 松井こうじさん(民主党京都府参議院選挙区総支部長)が出席。松井さんは自身が通産省の官僚として、橋本内閣の下、行政改革に関与した経験に触れ、「自民党では構造改革 はできない。民主党だからこそ、リーダーシップをもってこの国のカタチは変えられる!」と若者達の前で語った。