「若者が政治にかかわる」ってどういうことなのでしょうか。
前回の衆議院議員選挙で事務所でのお手伝いをした新潟市出身東京在住の学生さんから体験をもとにしたお話を伺い、参加者で話し合いをしました。
  今回の出席者は大人(?)5人(うち東京からの参加者1人)含め、16人。4月から新社会人となった参加者も2人かけつけてくれました。
image
  真面目かつ面白いお話しに、「選挙と政治を考え直すきっかけになった」「政治をぐっと近くに感じた」という声が多く、また大いなる知的好奇心が蘇った人 も。何よりも、同世代のスピーカーから話を聞くということ自体が、大きなインパクトだったようです。
  懇親会では、コモロから帰国し、テレビ出演が終わったばかりの多賀先生も参加してくださり、コメントをいただきました。「こういう時代に大切なのは参加す ること。大人が政治に参加するのははしたないと思われても、そうする若者をはしたない、と大人は言わない。それぞれで参加の方法を選んでほしい」と述べました。