民主党青年局は、12月22日(土)に「第二回DPJリーダーズスクール」を開催した。このスクールは将来のリーダーの養成と若い仲間のネットワーク作りを目指して行なわれたもので、全国から約150人の人たちが民主党本部の5F大ホールに集まった。
image
最初に、NC環境大臣の小宮山洋子参議院議員が、「自然とともに生きる21世紀」という題で講演会をおこない、地球温暖化問題、シックハウス症候群、環境 教育などの政策について、民主党の見解を語った。また、NPO「気候ネットワーク」の平田仁子さんや枝野幸男政策調査会長代理なども講演をおこなった。
image
政策提言などのワークショップも開催され、「容器包装リサイクル法の問題点と改正案」や「ゴミ有料化の是非」などについて、各班で討論し、3つの班が優秀 班に選ばれた。それぞれの班を代表し、3人の方が参加者全員と国会議員団の前で提言をおこなった。
image
このスクールは、ボランティアを中心に企画運営されているもので、民主党青年局では第3回のスクールにむけて、今後も企画運営委員を募集中。