オフィシャルインターン研修会に参加する学生40名は27日、参議院議長公邸を訪問し公邸参観と江田五月参議院議長との懇談会に参加した。

 インターンとの懇談会で江田五月議長は、 「参議院ではこれまで3回与党が過半数割れし、野党党首が首班指名されたが、第一会派をしめた野党推薦の議長が誕生したのは初めて」と一昨年夏の参院選後 の変化を解説した。懇談会では学生から「どんな想いで学生運動していたのですか」「議長になられて政治家としての活動は変わりましたか」「今の若者に伝え たいメッセージは何ですか」など率直な質問や意見がだされ、議長は「学生の立場で考え世の中を良くするためにどうすればよいかみんなで議論して行動してい た。その想いは政権交代可能な政党政治を実現したいといういまの活動につながっている」と話され、「学生はもっと感性を大事にして欲しい。遠慮せず、思っ たことを発信してどんどん行動して欲しい」と激励された。

 公邸見学では国連や各国首脳から贈られた記念品や参議院所蔵の絵画の由来をうかがい、議長執務室を見学したあと議長と一緒に記念撮影を行った。