17日、連合北海道でインターンを行なっている学生が民主党北海道を訪問した。
 松井企画局長から民主党が政権交代を実現し、これから果たしていく役割についての解説があり、その後インターン生からの質疑に答えた。
 インターン生から選挙前のマニフェストの変更、以前の選挙からのマニフェストの変更点、若年者の雇用政策などについての質問があった。
 松井局長は雇用政策について、「従来からの公共投資ではなく、医療、介護、教育といった国民の需要が大きな分野での政策を実現していくことによって雇用 が増えることになる。」と民主党の内需拡大政策について解説し、「環境技術や農林水産業といった分野で、いわゆるグリーンニューディール政策によって新た な雇用を創出していくことも必要となる。」といった雇用政策についての考え方を示した。
民主党北海道連HPより転載